記事の詳細

どのぐらい経ったら屋根の葺き替えをするかですが、長い年月が経っている場合は、古い屋根材を撤去して新しい屋根材に替えることがあります。この場合は、大がかりな屋根工事となります。屋根を施工してからそれほど期間が過ぎていない場合は、棟の漆喰がはがれてきたときが修理どきとなります。

庄原市 リフォームを行う三城瓦興業が屋根を葺き替える場合は、日本瓦から日本瓦へ、またはスレートからスレートへ替えることができますが、日本瓦からスレートへ、またスレートから日本瓦への葺き替えも可能です。屋根の葺き替えで多いのは、最初日本瓦で施行して、家が古くなってきたら重さの軽いスレートへ替えるという方法です。しかし、「スレート(金属軽量屋根)」はサビやすかったり、雨音が大きいということで、日本瓦に葺き替えるご家庭もあるとのことです。

株式会社 三城瓦興業
http://miki-kawara.co.jp/

関連記事

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

ページ上部へ戻る